院長ブログ  2007年6月

難しいですね。2

前歯部の症例は大変です。^_^;

きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニックでのインプラント前歯部ケースは、前回のブログにも書きましたが、慎重に経過を見始めています。
やはり、「インプラント」治療において前歯部というのは患者様の仕上がりに対する期待度が高いので、十分な満足度を得るためには、私と技工士さんやスタッフが一丸となって相当な努力が必要だなと感じています。(^o^)

このためには、やはり精度の高いガイドを使用する必要性を実感しています。

もともと、歯を失う原因に付随して、周囲の骨や歯肉環境が良くない場合が多々あります。それを、事前にどれだけ患者様に理解していただき、完成の予測をイメージ(これが大変なのです(T_T))していただかなくてはなりません。

すべての”インプラント治療”に、きけがわ歯科医院 新横浜インプラント・矯正クリニックではベストを尽くしてこれからも頑張っていきます。(^_^)v

難しいですね。

インプラントの前歯部治療

きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニックでのインプラント前歯部ケースがいくつか少しづつ完成して、経過を見始めています。
やはり、「インプラント」治療において前歯部というのは総合力が必要ですね。(^_^; とても、気を使います。
”インプラント治療”は一人の患者様に時間がかかりますが、きけがわ歯科医院 新横浜インプラント・矯正クリニックではしっかりと時間を取って頑張っています。このまま、患者様本意の治療を続けられるように頑張っていきます。(*^^)v

とうとうやってきました!

社会保険事務局の新規個別指導

きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニックにも、とうとう社会保険事務局の新規個別指導を受けるようにと通達がきました。

新しく医院を開業される先生は、皆さん通らなくてならない門なのです。

カルテがしっかり記載されているか、様々な書類(伝票等)に不備がないか?など事細かに予定を30分オーバーして1時間30分みっちりとしぼられ(?)ました。
合否は後日郵送されてくるようです。疲れました・・・。(T_T)

指摘された箇所は速やかに修正して、今後の診療に反映させるつもりです。頑張ります!

亀卦川歯科医院!?

元町の亀卦川歯科医院の写真

先日、岩手から育ての両親が横浜で同窓会があると、きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニックへ寄ってくれました。久しぶりの再会でとても嬉しかったです。

遠方で中々来られなくて、開業して初めての来院です。とても喜んでくれました。(^_^)

お土産に”横浜の元町”で祖父が戦時中開業していた医院の写真を持ってきてくれました。話には聞いていたものの、感動です。(T.T)

以前横浜南共済病院で勤務していたとき、ご高齢の患者様から”「横浜・元町」で亀卦川先生という良い先生がいたけど、親戚かい?”と言われたことを思い出しました。

私もそう言われるように頑張らねば。(^_^)v

KIS-Systemベーシックコース Sold out!

開催日公表からわずかで8/5(sun)のコースは一杯になりました。

きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニックでの、KIS-Systemベーシックコースは Sold out!
開催日公表からわずかで8/5(sun)のコースは一杯になりました。他にも参加したい先生方がいらしたのですが、次回ご参加よろしくお願い致します。

非常にコースの内容が充実していると好評のようで、ありがたいことです。”インプラント”をやり始める先生にはS2Gをはじめ「KIS-System」を使用して、安全・正確・簡単なオペをおこなって頂きたいと、スタッフ一同思っております。(^_^)

今回は特別講師から「外科手技のトラブル時の対処法」がレクチャーされます。オブザーバーの先生はあと数人参加可能ですので、お早めに”きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニック”もしくは”IGS”へご連絡よろしくお願いします。

アメリカから歯科医の親友が帰国!

日本の親友達も集合。

カリフォニアで開業し、大学でインプラントの教鞭をとる親友が久しぶりに帰国しました。(2月ドイツへ行く途中に会ったばかりでしたが・・・(^-^))

結婚するにあたって、双方の両親へご挨拶だったようです。おめでとう!!
お陰様で、日本でも中々会わない親友達との再会も出来て楽しい時間がもてました。

また、再会できることを楽しみにしています。

リンク追加

リンク「瀬良歯科クリニック」を追加しました。

リンク「瀬良歯科クリニック」を追加しました。

リンク集ページへ

Tubur Drill(チューバー・ドリル)って?

インプラント手術用のドリルです。

KIS-System(インプラントドリルサポート・システム)は健康雑誌「わかさ」に掲載されてから、私の元へ多くの患者様からお問い合わせがありました。

少しでも、多くの患者様が安全で精度の高い”インプラント手術”を受けていただければと思っています。

さて、KIS-SystemではTubur Drillを使用するのですが、一見トレフィンバー(骨採取用の似たようなバー)に見えます。

プロジェクトチームでは研究を重ねて、バーではなくてインプラント手術用のドリルとして考え、開発をし薬事申請まで行っています。

チタン製の切れ味鋭いドリルで、トレフィンバーの様に刃先がノコギリの様に交互の向きに刃が向いていません。これによって、シャープな切削面を形成し歯肉も綺麗にパンチアウト(切り抜き)ます。

手術には基本的にこのTubur Drillと外科キットに入っている一番最後に使うドリルだけです(これには、色々とご意見はあるかと思いますが・・・)。これによって、患者様への侵襲は少なく済みます。最近はこのTubur Drillも売れているようで、多くの先生方に使っていただければ幸いです。

入れ歯も頑張ってます!

どうやってお食事を・・・(?_?)エ?

きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニックでは、自費ばかりとか”インプラント”ばかりで保険の治療は受けられますか?? なんて、問い合わせが時々あります。

ご安心下さい。(^_^)b 一応なんでもやっております。でも、専門はやっぱり「インプラント」ですね。最近、難しいケースが増えてきており気を使いながら、慎重に進めています。 いらっしゃる患者様の中には、”私の友人がインプラントで大変な目にあって、あなたはやめた方が良いわよ!”なんて言われる方が最近増えているような気がします。(・O・; 簡単に飛びついて始められた先生達が増えてきていると耳にします。患者様は簡単には見分けられない、ということはとても悲劇です。微力ながらなんとか、したいですね。KIS-Systemの講習会に一人でも多くの先生がいらしていただければ、と思っています。