院長ブログ  2011年4月

今日は授業参観日でしたー。

国語と図工。

きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニックもGWに入った今日、娘(小四)の授業参観に行って来ましたー♪ 最近は物騒なので、保護者は首からネームプレートを下げていないといけません。休みということもあって、多くの親御さん達が参観に来ていました。 国語では、物語の一文を3つのグループに分かれて作製した衣装や小道具を使って、寸劇をやっていました(結構面白い)。その後、司会と書記が前に出て、各グループの劇についてフリートークをして終わりです。 保護者はずっと同じ場所で立っているため、後半はもじもじしていました。(^_^) 次に図工の時間では、保護者と一緒になって短冊状の色紙を交互に組み込んで、箱や入れ物を作製しました。これは保護者も一緒で盛り上がってました。うちも祖母が参加してくれて、3人協力して2個完成させました。 結構楽しかったです。(*^^)v 娘の成長を感じられた一日でした。 「きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニック」 亀卦川博仁

北京の最終日の夜に・・・!?

綿棒の先が耳の奥深くに・・・。

北京IDCでのLive Opeを見事Kis-System Japan Teamの力の結集で、院長の発オペを終えることが出来ました。ホッとして食事の後に部屋でシャワーを浴びて、一仕事終えた安堵感(^。^) 耳に入った水滴を綿棒で取り終えて、何気なく先端を見てみると ”ん?”先の綿は付いて無かったっけ???(゜;)エエッ まさか、取れて耳の中になんてね?。聞こえも良いし・・・。一応技工士のS氏に見てもらったら、軽い声で”先生〜、中に見えますよ〜〜♪”と言われて、血の気が引いたのは私だけ。 全員で爪楊枝の様に先端を細くした物を造り、いざ摘出オペを?。 これが、外耳道に触れる度に痛いのなんの。(>_<)ゞ それでも、代わる代わるチャレンジしていくうちに、段々奥に入っていく綿棒の先。 流石に痛みも限界のところで困り果てて、北京IDCの女医さんの自宅へ電話をして出ることを祈りつつ暫く待っていると、出てくれました。やった〜〜!¥(^O^)/ 夜中にも関わらず、ご主人(首都医科大学の次期教授)と急いで来るまで迎えに来て下さり、感謝感謝でした。そこから、中国でも1,2位を争う国立病院耳鼻科の救急外来まで連れて行ってくれました。 あれだけ苦労して取ろうとしていた、綿栓がすーーっと取れました。が、もの凄い痛みでつい”ひ??っ”と叫んでしまいした。 ほっとして、帰ろうとすると道端に大勢の浮浪者の様な人々が毛布にくるまり横たわっているのです。ご主人に聞くと、地方から出てくる病人は1週間くらい前から待つそうです。 本当に中国には驚かされます。 最後の夜にお騒がせして、皆様大変申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございました。<(_ _)> 「きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニック」 亀卦川博仁

北京でKis-SystemのLive Ope手伝いました

とても大変でした。

北京IDCという、大きな北京の中心部にあるクリニックで講義の翌日、Kis-SystemのLive Opeを行う事になり、オペレーターの手伝いをしました。 また、今回岐阜県から信頼する先輩F先生と山口県から一番弟子のY先生が来てくれていたので、共に手伝いをしてもらうことが出来て何とか二人にアシストと器材出しをしていただきました。 そして急遽時間の無い中、北京入りしてから技工士のS師がIGIを使ったKis-Systemが間に合い、本当にぎりぎりの状態で手術が成功する運びとなりました。 IDCの関係者や日本から来て頂いた先生方には深く感謝いたします。 ありがとうございました。<(_ _)><(_ _)><(_ _)> 5月にも渡中予定です。 「きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニック」 亀卦川博仁

北京でKis-Systemの講習会開催しました。

なんとハードなスケジュール!

北京でKis-Systemの講習会開催のため、きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニックを休みました。 患者様には大変ご迷惑おかけ致しました。<(_ _)> 4/8に羽田から北京に入り、夕方から北京IDC(富裕層向けデンタル・クリニック)にて打ち合わせとガイド作製の準備を行い、翌朝8:30に会場入りして、丸一日みっちり講義と実習をしました。 全員外国人のドクターで中国以外からも働きに来ていました。中にはUCLAや北京大学(日本の東大)を卒業した先生もいて、真剣に講義を聞いて頂き質問も多く聞くことが出来て良かったです。 皆さんとても優秀で、Kis-Systemの理解が早いと感じましたし、すごい食いつき方で私達の方が驚かされました。 クリニックはとても綺麗で、広く、全てが個室(各ドクターのオフィスとなっています)でした。各々が必要な器材やマイクロルーペやオペ器材等を揃えたりしていました。 翌日曜日は、午前中に他の患者様のステント合わせやCT撮影に出向いたり、午後のオペ患者様の詳細な打ち合わせなどを行いました。 午後はいよいよ、Kis-Systemを使った初めてのオペです・・・続く 「きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニック」 亀卦川博仁

今から北京へ講義とオペアシストに行って来ます

シンガポール、中国とアメリカの方々へ。

きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニックを休んで、今から北京へシンガポール、中国とアメリカの方々へ講義とオペアシストに行って来ます。 CTデータは昨夜遅くに届き、果たしてどうなることやら・・・。 でも行くからには、ベストを尽くしてきまーーす。σ(^◇^;) 「きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニック」 亀卦川博仁

余震や計画停電も落ち着き、診療も通常に。

診療してもらうと、色々と感じるものですね。

きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニックが休診の日に、鎌倉で開業している大学時代の親友の元で、歯の二回目治療をしてもらいました。 診療終了後だというのにとても気を使ってもらい、丁寧な治療をしてくれたことに感謝しています。お陰様で快適な食生活が送れています。ありがとうございました。<(_ _)> 治療をされる中で、いままで何気なく使用していた器具がこんなに響いたり、痛みを感じることが出来ました。 ”きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニック”でもこれを生かして、歯科衛生士同士でクリーニングをし合う様にすることにしました。 お互いの癖や感じ方が分かる良い機会だと思います。技術の向上に役立ってくれば嬉しいですね。(^^) 余震が減って、少しずつ医院内が落ち着きを取り戻してきています。 「きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニック」 亀卦川博仁