院長ブログ

8/1にショッキングな報道が・・・。

八重洲の歯科医院でインプラント手術事故

8/1にショッキングな報道がテレビや新聞各社で流れました。

2007年に起きた八重洲の歯科医院で”インプラント手術事故”に対して、検察は書類送検をしたというものでした。(O_O)
起きてはならない事故である上に、院長のコメントがとても無責任で憤りを感じます。自称日本のインプラント大家と言いながら、「ドリルした骨周囲の動脈は知らなかった。」と・・・・σ(`´メ∂ 新聞の記事には記載されていました。
これは、解剖の基礎知識です。

真剣に取り組んでいる’インプラント医’にとって、大変悲しい事実です。事実に対してご遺族に、誠実な態度をとらなくてはならないとスタッフからの意見など、医院全体で話し合いをしました。

最近多くのトラブルが報告されていますが、欠損部位の治療方法として四半世紀。確立された良い治療であることに、間違いはないと考えます。

「きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニック」 亀卦川博仁