院長ブログ

ICOI in China (国際インプラント学会)で発表3

やっぱり中国は会場の前も広い!

ICOIでの発表当日、タクシー(これがまた凄いの何のって・・・。運転は乱暴だし、車線と車線の間を走り出すから3車線がいつの間にか4車線に!)から降りて会場を見ると、広さと派手さに唖然としました。

受付を済ませると、すぐにポスターを所定の場所へ展示して中へ入り、海外のドクターが行っている講演を聞いて勉強です。

お昼にはランチ券が無くなってしまったと聞き、タクシーでこれまた怪しい町中の半分屋台の様な麺屋に入りました。ここで問題が・・・。やっぱり、中国語onlyでした。
さあ、昨夜のジェスチャーコミュニケーション炸裂です。隣のテーブルに座っている人が食べている麺を指さし、その彼を注文カウンターへ引っ張っていき注文をしてもらいました。(^_^;) その人もビックリしていました(当然ですね)。

再度会場へ戻り、終わりまでレクチャー三昧。

ホテルへ戻り、翌朝の発表を3人で予演会を行いました。同行していた先生は「Kis-Systemの臨床評価」をされました。
私もそのあと、「内視鏡下でのインプラント摘出術」を発表し、共に好評価を頂いた(?)と二人で自画自賛。

次回はFellowshipの授与式を簡単に・・・。
「きけがわ歯科医院 横浜 新横浜インプラント・矯正クリニック」 亀卦川博仁