治療の流れ

実際にあった口腔外科の症例や症状と、当院でのその対処例をご紹介いたします。

1初診

カウンセリング

検査・写真撮影・レントゲン検査を行い、患者様の状態を見ながらカウンセリングを行います。

術前血液検査

新横浜循環器科・内科にて行います。(過去6ヶ月以内の検査結果をお持ちでない方)

CT撮影用ステントの製作

より正確にCT撮影するために、誤差を補正するためのプレート(ステント)を製作します。


2後日

ステント着脱

ステント着脱の練習をします。問題がなければCT撮影します。

CT撮影

当院はCTを導入しております。院内にてCT撮影をします。

カウンセリング

解析ソフトによる術前設計をお見せします。手術のイメージを再現しながらカウンセリングを行います。


3手術当日

クリーニング

手術当日にもクリーニングを行い、お口の中を清潔にします。

術前準備

血圧計や心電図モニターを付けます。

インプラント手術

安全で高精度なKis-System(手術用ドリルガイド)で埋入します。

術後検査・ご休憩

術後にレントゲン検査をします。手術当日はこれで終了です。ゆっくり冷たい飲み物で、リラックスしてご休憩ください。


4手術翌日

消毒および経過観察

術後直後のため、消毒と経過確認を行います。


5手術より一週間後

経過観察

一週間経過した段階で、確認のために再度ご来院いただきます。


6手術より一週間後以降

経過観察および治療(型取り、レントゲン等)

完成歯(上部構造)が入るまで、2週間から1ヶ月の間隔でご来院いただきます。


7完成歯(上部構造)埋入後

定期メンテナンス

完成歯が入ってから、最初の2年間は6ヶ月に一回、その後は1年間隔でメンテナンスを行います。定期的なメンテナンスを施すことで、その効果を最大限に、長期間安定した状態を維持することが可能です。